2016年03月05日

頭痛の原因である、ひどい肩こり背中こりを解消する方法

a0002_007518.jpg
肩こりや背中こりを放っておくととても大変なことになります。
・頭痛・めまい・吐き気・イライラなど、生活する上でとても不便になりますし、周りの人へ迷惑をかけてしまう場合があります。

そんな大変な肩こり 背中こりを解消するための方法は沢山テレビなどで紹介されています。
ぬるま湯にゆったりとつかる蒸しタオル的な暖かいもので首や肩を温める適度な運動と肩まわりのストレッチ目を休める 温める
などなど、いろんな方法がありますし、めぐりズムで温熱シリーズなど販売されています。



私は昔からの肩こり 首コリ 背中こりの持ち主です。
もちろんこれらをすべて試しました
一番効果があった(すっきりした)のは、やっぱり「お風呂」「ストレッチ」です。
コリは血行が悪くなるのが原因ですから、基本的に血行をよくする方法が重要とされます


しかし、一時の解消はされますが、仕事でどうしても肩が凝る仕事をしているので、肩こりが解消される根本的な解決にはなりません


ですが、私は今あることをしたことによって、完璧ではないですが7割くらい解消され、今ではイライラや頭痛に悩まされることはほとんど無くなりました


その方法とは・・・



ストレッチ(バランス)ボール

XYSTUS(ジスタス) ピラティスボール200(青) 20cm H-9345B



ストレッチボールはよく知られた方法です。
ボールに背中を当ててのけぞるポーズを取る。
すると、首 肩 背中が伸びてこれがたまらなく気持ちいいんです!!
夜寝る前にするとぐっすり寝れます。
やり始めの時は、日ごろ使っていない筋肉が使われますので、お腹周りが少し筋肉痛になる場合がありますが、継続すればかなり快適になります
ホームセンターなどで1000円以下で購入できるのでお勧めです



うつ伏せに寝る
うつ伏せに寝るのは意味がないような気がしますが、結構スッキリします。
っというのも、うつぶせに寝ると、首を横にしなくてはなりません。
考えてみれば、日中ずーっと正面を見っぱなしではありませんか?
うつ伏せに寝ると首のストレッチ的なものに繋がりますし、適度に寝返りが打てます(寝返りは非常に重要です)
また腹式呼吸になりやすいため、意外に結構深く眠れます(私の経験では)



腹筋を鍛える
なんといっても一番はこれです。
肩こり 背中こりの原因は実は腹筋を鍛えることで解消できるというのです。
姿勢が悪い(猫背など)からこりが生まれます。
その良い姿勢を支えているのは実は腹筋なのです。
首、肩を支えているのは腰回りの筋肉です。
その要の部分が弱っていれば支えるものも支えられないという訳です。



でも腹筋を鍛えるのはそう容易ではありません。
なぜなら「辛い」からです。
辛いことはどうしても続きません。

私も辛いことは大嫌いです。
でもそんな私でも楽して、しかも楽しく腹筋ができました。
それはワンダーコアを使ったからです。

最近ではスマートタイプのワンダーコアもありますから、女性の方でも簡単に場所もとらずにできます。



このワンダーコアを使わなくても正直腹筋はできます。でもこれを使ってみていいとろは、「楽しい」ことです。
いままで2〜3回くらいしかできなかった腹筋が10回以上できた時の喜びはとっても大きかったですし、やりがいを感じることができます。



まとめ
いくつか私が肩こりを解消できた方法をいくつかご紹介しましたが、なんといっても病人のように暗くなってはいけないと感じました、明るく楽しく気持ちよく、頭痛の原因である肩こり 背中こりに向き合っていくことが重要な気がします。
ホームセンターでもバランスボールやワンダーコアは売っていますが、通販だといくらか安く買えるようです
詳細はこちらからどうぞ
 ↓  ↓  ↓





posted by 肩こり解消法 at 15:03| Comment(0) | 肩こり 背中こり解消方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: